/

この記事は会員限定です

「リブラ」通貨秩序変えるか

フェイスブックの仮想通貨、規制当局や銀行警戒

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀、ニューヨーク=関根沙羅】米フェイスブックが新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を公表した。世界27億人のユーザーが潜在的な顧客基盤となり、決済手段として普及する可能性を秘める。影響の大きさから、各国当局は早くも消費者保護やマネーロンダリング(資金洗浄)への対応などけん制の声を上げ始めた。規模が大きくなれば、通貨の秩序を揺さぶりかねない。

サービスは2020年に開始する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン