2019年7月22日(月)

静銀・柴田頭取 人員配置、見直し加速
県内支店、役割を明確化 神奈川で新規出店を検討

2019/6/20付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

静岡銀行は静岡県内の支店について店舗ごとに役割を明確化し、人員配置の見直しを加速する。運営の効率化で現行の店舗網を維持する狙いで、ITを活用して最小限の人員で運営できる店舗も展開する方針だ。一方、県外では神奈川県を重点地域と位置づけ、新規出店を検討する。自社ATMを今後2割減らすなど収益性の強化に向けた取り組みを加速する。

柴田久頭取が日本経済新聞のインタビューで明らかにした。

長引く低金利環境…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。