2019年7月18日(木)

話題の株TATERU 業務停止命令の方針嫌気 融資資料改ざん、業績懸念

2019/6/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

18日の東京株式市場でアパート開発のTATERU株が大幅安となった。一時、前日比22%(50円)安い181円まで下落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。アパート購入希望者が融資を受けやすいように同社が融資資料を改ざんしていた問題で、国土交通省が同社に業務停止命令を出す方針を固めた。業績悪化を懸念する投資家の売り注文が集まった。

終値は19%(43円)安の188円。値下がり率は東証1部で首位だった。商…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。