2019年7月21日(日)

認知症対策、「共生と予防」柱に 政府新大綱
成年後見を活用 数値目標は撤回

2019/6/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府は18日、認知症対策を強化するため、2025年までの施策を盛り込んだ新たな大綱を関係閣僚会議で決定した。発症や進行を遅らせることを「予防」と定義し、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す「共生」とともに2本柱の一つとして初めて目標に掲げた。成年後見制度の利用を促進するため全市区町村に調整機関を新設することなども盛り込んだ。

安倍晋三首相は同日午前に開かれた関係閣僚会議で、「共生と予防を車の両輪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。