2019年7月21日(日)

減災、本音の産官学組織を 名古屋大 福和教授に聞く

2019/6/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

土木学会は2018年、南海トラフ地震の発生から20年間の経済損失が最大1410兆円との試算を公表した。「南海トラフでは本気で減災に取り組まないと日本が終わる」という名古屋大の福和伸夫教授(減災連携研究センター長)に課題、必要な行動を聞いた。

――東海で大震災が起きた場合の影響は。

「東海4県の工業製品出荷額は80兆円規模で輸出もあり、停滞すれば世界経済にも響く。製造業は一度、国際競争力を失うと回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。