/

この記事は会員限定です

ゾンビ化した投資信託制度

[有料会員限定]

日本の投資信託とその制度が旧態依然のままだ。極論すれば、ゾンビ化している。戦後の投信は1951年という早い時期に始まったものの、本来期待される地位を得ていない。制度が個人などの投資家本位ではなく、業者本位で運営されてきたツケである。

例えば商品設計段階で販売の容易さを追求するあまり、流行のテーマを追いかけ、本来の投資家に株式を高値で買わせてきた。結果は過去幾度も経験したように、株式相場が低迷する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません