/

この記事は会員限定です

ラオス、コーヒー生産倍増へ

日本企業も農家支援

[有料会員限定]

東南アジアで唯一の内陸国のラオスは、山々に囲まれた高地を生かし、輸出品としてコーヒー栽培に注力している。現地政府は2025年までにコーヒーの生産を倍増させる方針。焼き畑による森林消失が社会課題となるなか、森林とコーヒー農地の両立を目指して地域の農家を支援する日本企業も誕生している。

「コーヒーの木は実は直射日光に弱い。森の中で植えるのに最適なんです」。こう話すのはベンチャー企業、坂ノ途中(京都市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン