/

この記事は会員限定です

カネカの育休・転勤騒動

人事戦略の見直し必要

[有料会員限定]

東証1部の化学メーカー、カネカが育児休業(育休)を取った元従業員に対し、育休明け直後に転勤を命じたことが話題になっている。カネカは自社サイトで「当社の対応は適切だった」と説明しているが、投稿プラットフォーム「COMEMO」(https://comemo.nikkei.com)には男性の転勤や育休について様々な意見が集まった。

倉重公太朗弁護士は、転居を伴う配置転換であっても、病気や親の介護など特別な理由...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン