/

この記事は会員限定です

国際帝石、世界大手一角に インドネシアに大型LNG

[有料会員限定]

国際石油開発帝石がインドネシアで大型液化天然ガス(LNG)プラントを建設することで、同国政府と基本合意する見通しになった。オーストラリアの日の丸LNG「イクシス」と合わせて権益ベースで生産量は年約1200万トンと世界10位以内に入る。生産量の規模が価格交渉力を左右する業界で、「和製メジャー」として世界で戦う体制が整った。

国際帝石が開発するのは、インドネシア東部沖にある「マセラ鉱区」のアバディL...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン