2019年7月18日(木)

余るマネー 投資先増えず
新興勢への流入額、5年で4倍 調達社数は14%減

2019/6/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内外のベンチャーキャピタル(VC)から資金を調達する国内スタートアップ企業の数が減っている。2018年は17年比14%減となり、過去10年で初のマイナスだ。スタートアップに投じられた資金そのものは5年で4倍に増えている。「ねじれ現象」が起きているのはなぜなのか。

(1)VC、「目利き」不足

ジャパンベンチャーリサーチ(東京・港)によると、スタートアップへの18年の投資は4481億円で、急速に増え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。