都庁舎、8割再生エネに 使用電力、8月から 日立造と契約

2019/6/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都は、都庁本庁舎(東京・新宿)で使用する電力を8月1日から再生可能エネルギーに切り替える。都は2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする計画を打ち出している。まず自らが実践し、民間などの取り組みをリードしたい考えだ。

第一本庁舎の年間電力3千万キロワット時を切り替える。第二本庁舎などを含めた新宿の本庁舎全体(3600万キロワット時)の8割に相当する。日立造船が2020年9月ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]