2019年7月23日(火)

NARから東南ア発ネット通販 18億人イスラム市場に照準

2019/6/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米アマゾン・ドット・コムや中国のネット通販最大手のアリババ集団が勢力を拡大する中で、世界18億人のイスラム教徒市場を狙うアジアの新興企業がある。世界最多の信者数を誇るインドネシアで電子商取引(EC)を展開するブカラパックだ。

「当社はイスラム教徒向けの衣料品や(戒律に従った)ハラル食品など品ぞろえが豊富だ」。ブカラパックの共同創業者、ムハマド・ファジュリン・ラシード氏は自社の強みについてこう語る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。