/

この記事は会員限定です

マネー、中国株離れ進行 米中摩擦で退避先探る

インドやロシア上昇

[有料会員限定]

米中貿易戦争が激化するなか、投資マネーが退避先を探す動きが活発になっている。トランプ米政権による対中関税の引き上げや華為技術(ファーウェイ)の排除を受け、中国株から外国人投資家が資金を引き揚げている。投資マネーはインドなど相対的に影響が小さい国や企業に向かっている。世界の株式相場は金融緩和期待の高まりで戻りを試しているが、投資家の不安心理はなお強い。

4200億円売り越し

資金流出が目立つのが、中国や台湾、韓国などの株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン