/

この記事は会員限定です

ふるさと納税宴の後(5) 手探りの理想形

[有料会員限定]

返礼品に注目が集まるふるさと納税だが、使途を明確にして地域に生かす動きが広がる。多くがインターネット上で小口資金を募るクラウドファンディングの手法を使う。

「こんな仕組みがあるとは」。東京都葛飾区の団体職員、前田晃平(35)はあるサイトを見て驚いた。東京都文京区のこども宅食プロジェクトだ。ふるさと納税を原資に経済的に苦しいひとり親世帯などにコメや缶詰を宅配する。約600世帯が登録しており、同区は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン