中部発 スタートアップ最前線(3) 廃校をビジネス拠点に 経済界、地盤沈下に危機感

2019/6/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

ナゴヤ発のスタートアップが増えるには、民間の経営ノウハウや投資マネーが欠かせない。交流から商談へ――。相次ぐ支援プロジェクトの担い手は中部経済連合会や名古屋商工会議所、中部電力などの有力企業だ。

名駅から10分

名古屋市中心部の繁華街、栄に7月、起業を目指す若者らが集う交流拠点「ナゴヤイノベーターズガレージ」が開業する。運営する中経連と市はスタートアップ支援が新たな段階に入るとみている。

起業家同…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]