/

この記事は会員限定です

独占の弊害、幅広く監視

米「IT巨人の時代」に対応

[有料会員限定]

【ラスベガス=中西豊紀】米司法省が11日、グーグルなど「GAFA」と呼ばれるIT(情報技術)大手を想定した新たな反トラスト法(独禁法)の運用方針を発表した。ネット検索やSNSで高い成長を続けてきたIT大手だが、競合排除や甘い情報管理の弊害も指摘されている。経済のデジタル化で産業構造が大きく変わる中、独禁当局も対応を迫られている。(1面参照

司法省で反トラスト法部門トップのデラヒム司法次官補が同日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン