2019年7月17日(水)

グローバルウオッチ「エルニーニョ」被害に警戒

2019/6/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

南米ペルー沖で海面水温が上がる「エルニーニョ現象」が、夏まで続くとの見方が強まっている。2016年までの前回発生時ほど強力ではないが、大気の流れや気圧に影響し、世界中で異常な天候を引き起こす可能性がある。東南アジアではすでに乾燥被害が出始めており、高温や農産物の不作に警戒が広がっている。

「今後夏はエルニーニョ現象が続く可能性が高い」。気象庁は10日発表したエルニーニョ監視速報で、その可能性を「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。