2019年7月20日(土)

市場点描選挙控え 公共投資関連じり高

2019/6/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公共投資や景気刺激策が追い風となる銘柄に市場の注目が集まっている。7月の参院選をにらみ、補正予算が例年よりも前倒しで編成されるとの思惑が広がっているためだ。なかでも公共工事の代表格の道路舗装や橋梁補強などを手掛ける銘柄の株価の堅調さが目立つ。

3月末からの騰落率をみると、道路舗装大手のNIPPOや前田道路、世紀東急工業がいずれも5~7%高。業種別日経平均株価「建設業」が7%安に沈むのとは対照的な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。