/

この記事は会員限定です

薬局再編 報酬減で迫る

骨太方針「大胆に適正化」 在宅医療に対応促す

[有料会員限定]

政府は薬局の再編を進める。事実上、患者に薬を渡すだけの業務しかできない薬局は報酬の引き下げを検討し、きめ細かく服薬指導する体制のある薬局への転換を促す。6月下旬に決める経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に「報酬を大胆に適正化する」と盛り込む方向だ。政府が進める在宅医療には人手がかかるため、薬局も構造転換を目指す。

骨太の方針は年末の予算編成に向けた指針となる。原案では「技術料などの効果や意義を検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン