2019年6月27日(木)

私見卓見企業は農業で障害者雇用を 農林水産政策研究所企画広報室長 吉田行郷

2019/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

近年「農福連携」と呼ばれる取り組みが増えている。農業サイドと福祉サイドが連携し、農業で障害者の働く場をつくる取り組みだ。人手不足の農家や農業法人の農作業を障害者福祉施設が手伝う取り組みも広がり、障害者を本格的に雇う農業法人も増えている。企業による農業分野での障害者雇用も拡大しており、これも広義の農福連携といえる。

農福連携という言葉が使われるようになったのは最近10年ほどだが、農業分野に障害者の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報