ルノー、日産改革案に難色 株主総会で棄権の意向

2019/6/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】日産自動車が25日の株主総会で諮る経営改革案について、筆頭株主の仏ルノーが投票を棄権する意向を伝えていたことが分かった。統治機能の強化に向けて指名委員会等設置会社に移行する内容だが、ルノー出身の役員が要職に就いていないことに不満を持っているもようだ。

日産は元会長のカルロス・ゴーン被告に権限が集中していた体制を改め、企業統治の向上を目指しているが、にわかに不透明感が強まっている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]