義肢装具士 臼井二美男さん 義足で風吹かせたい(1)

2019/6/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他
  今から約30年前、走るためのスポーツ用義足を日本で初めて作ったのが義肢装具士の臼井二美男さん(63)だ。技術改良を重ねて、2020年東京パラリンピックを目指すアスリートにも提供する。原点には、足を失った人にこそ風を切る喜びを感じてほしい、自信をもって新しい生活にチャレンジしてほしいという思いがある。

走り幅跳びでパラリンピックに過去3回出場し、20年東京大会ではトライアスロンで出場を目指す谷真…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]