米利下げ期待 一段と 雇用7.5万人増止まり

2019/6/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

週明けの金融市場は、投資家が株式などリスク資産への投資意欲をいったん強める展開となりそうだ。5月の雇用統計が予想を下回る内容だったにもかかわらず、強気な見方が広がっているのは、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ期待が一段と高まったためだ。景気減速懸念がかえって投資家心理を改善させる展開となっている。

米利下げ期待を受けて、週明けは株高になるとの声が多い。三菱UFJ銀行の内田稔チーフアナリストは「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]