2019年6月19日(水)

胎児の腸内細胞、幹細胞に変化 コペンハーゲン大が発見

2019/6/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

デンマークのコペンハーゲン大学の研究グループは、マウスの胎児の腸の中で成長した細胞が幹細胞になる現象を発見した。あらゆる細胞に成長可能な幹細胞を作製する新たな方法につながる可能性があるという。

幹細胞は同じ細胞を複製するとともに様々な刺激を受けて皮膚や血液、神経などの細胞に成長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報