/

この記事は会員限定です

行政手続き デジタル化へ法改正

相続など利便性向上

[有料会員限定]

行政手続きのデジタル化を推進する一連の法律が今国会で改正された。個人にとっては相続や税金、社会保障の分野で利便性向上に一定の影響がありそうだ。

関連法の根幹であるデジタル行政推進法は(1)手続きを原則デジタル化する(2)同じ手続きを1回で済ませる(3)手続きを1カ所で済ませる――を目標に掲げた。「2019年度以降、できる分野から始める」(向井治紀・内閣官房IT総合戦略室長代理)という。

目標に沿っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン