スーパーで先行 コンビニは代替素材

2019/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プラスチック製レジ袋の削減が求められるなか、スーパーでは既に有料化の動きが広がっている。コンビニエンスストアは通りがかりに立ち寄る客が多く、代替素材に切り替えてレジ袋の無料提供を続ける方向だ。

ライフコーポレーションは2018年6月、大阪府北部の10市町で他のスーパーと足並みをそろえてレジ袋を有料にした。「全ての店舗が同じ条件で有料にすれば、顧客の理解も得られやすい」(岩崎高治社長)

イオンは0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]