/

この記事は会員限定です

レジ袋有料化「価格、業界ごとに設定を」 環境相に聞く

生分解プラは例外検討

[有料会員限定]

原田義昭環境相は6日、日本経済新聞社のインタビューに応じ、レジ袋有料化について、スーパーやコンビニエンスストアなど業界ごとで課金への対応を求める考えを明らかにした。業界の事情に合わせて導入しやすくする狙い。価格や収益金の使い道を業界別で定める。小規模店舗や素材の違いなどの例外については、今後有識者会議で検討する見込みだ。

原田環境相は3日の会見などで、2020年以降にプラスチック製レジ袋の無料配布...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン