/

この記事は会員限定です

金属3Dプリンターに脚光

三菱重、航空機部品に対応 高耐久用途広がる

[有料会員限定]

金属部品を生産できる3次元(3D)プリンターの需要が拡大している。三菱重工業東芝機械が航空機部品などを生産できる機種を相次ぎ開発・発売し、独シーメンスなど先行する海外勢を追う。3Dプリンターは従来は樹脂の成型が中心だったが、金属を成型できると産業向けに幅広く使える。在庫削減や生産時間の短縮など、ものづくりを変える技術としても注目されている。

金属3Dプリンターは材料となる金属粉をレーザーや電子ビームを使って3次元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン