ごみ発電技術、東南アに輸出 環境省、海洋汚染や電力不足対策 10都市で計画

2019/6/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

環境省は大阪市や横浜市などの自治体、日立造船やJFEエンジニアリングなどの企業と協力し、東南アジアのごみ処理対策の支援に乗り出す。ごみ処理発電施設の輸出とともにごみの回収や分別、リサイクルや減量化などのノウハウも提供する。2023年度をメドにモデル都市として、約10都市に導入を働きかける。深刻な海洋汚染や電力不足の対策として、環境分野でのインフラ輸出を目指す。

東南アジアでは廃プラスチックをはじ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]