/

この記事は会員限定です

FRB緩和 新段階を模索

長期金利を操作・物価目標見直し 利下げ余地乏しく

[有料会員限定]

【シカゴ=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)が景気悪化に備え、金融緩和の新手法の本格検討に入った。4~5日に開いた討論会では、パウエル議長が「次の景気悪化時には政策金利の下限に直面する」と述べ、利下げ余地の乏しさに懸念を表明した。FRB内には新たに長期金利を操作して市中金利を低めに誘導する案や、2%の物価上昇率目標を修正する案などが浮上している。(総合2面参照

FRBは4日から2日間の日程で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン