/

この記事は会員限定です

日本語学校、要件厳しく

不法残留3割以上で認定取り消し

[有料会員限定]

政府は外国人留学生による不法就労を防止するため日本語教育機関の認定基準を厳しくする。現行では1年間の入学者の「半数以上」が不法残留した場合に認定を取り消すが、月内にも「3割以上」と改める。質の低い教育機関の乱立を防ぐとともに、不法就労の増加に伴う治安悪化への懸念を和らげる。

4月に新在留資格「特定技能」が始まり、外国人労働者の受け入れが拡大しつつある。しかしコンビニエンスストアの店員などは特定技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン