上場の中堅企業、営業利益14%増 昨年度、工作機械など上位

2019/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社が売上高100億円以下の上場企業「NEXT(ネクスト)1000」を対象に2018年度の営業利益を調べたところ、17年度に比べ14.6%増となった。工作機械や半導体の関連企業が独自技術を生かす製品で国内を中心に欧米、中国の設備投資需要を取り込み、上位に入った。(関連記事をNEXT1000面に

営業利益の比較対象となったのは「NEXT1000」のうち17、18年度とも営業黒字だった6…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]