/

この記事は会員限定です

在職老齢年金の見直しを明記 「骨太」原案

[有料会員限定]

政府が6月下旬に決定する経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の原案が4日、明らかになった。働いて一定の収入がある高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度について「あり方を含め検討し、財政検証を踏まえ、法案提出も含めた必要な措置を講じる」と見直す方針を明記した。人生100年時代を見据え、高齢者の就労を促す狙いがある。

政府内には制度の廃止を求める声もあり、さらに文言を調整する。自民党が提言した「勤労者皆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン