アインHD、15%減益 前期最終、調剤振るわず

2019/6/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

調剤薬局大手のアインホールディングスが4日発表した2019年4月期の連結決算は、純利益が前の期比15%減の90億円だった。新規出店やM&A(合併・買収)で売り上げは伸びたものの、18年4月の調剤報酬の改定などで調剤部門の利益が減少した。

売上高は3%増の2755億円だった。調剤部門では、新潟県地盤のコム・メディカル(三条市)や長野県地盤の土…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]