/

東芝、米LNGをトタルに売却 欧米思惑、スピード決着

[有料会員限定]

東芝は懸案だった米国の液化天然ガス(LNG)事業を仏エネルギー大手トタルに売却すると発表した。中国企業と結んだ契約が4月に破談となり新たな売却先を探していた。東芝は再建に向けた中期経営計画を始めたばかり。負の遺産とされた同事業を処理し新たな稼ぎ頭の創出に注力する。LNG取引を拡大したい欧米のエネルギー事情も追い風に、再交渉から1カ月半のスピード決着となった。

トタルのシンガポール子会社に2020年3月...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン