/

この記事は会員限定です

がん治療用薬剤 研究 南東北グループ、郡山に拠点

ホウ素中性子捕捉療法向け 高精度PETも導入

[有料会員限定]

病院、介護施設を全国展開する南東北グループ(福島県郡山市)は、次世代のがん治療法といわれるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に欠かせない薬剤を開発する研究所を開設した。臨床試験段階のBNCTが国の認可を得られれば、国内の民間病院の第1号になる見通し。新研究所で治療の効果と安全性を一段と高めることを狙う。

新しい拠点は「南東北創薬・サイクロトロン研究センター」で3日に本格稼働した。地上2階地下1階、延...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン