2019年6月19日(水)

がん治療用薬剤 研究 南東北グループ、郡山に拠点
ホウ素中性子捕捉療法向け 高精度PETも導入

2019/6/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

病院、介護施設を全国展開する南東北グループ(福島県郡山市)は、次世代のがん治療法といわれるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に欠かせない薬剤を開発する研究所を開設した。臨床試験段階のBNCTが国の認可を得られれば、国内の民間病院の第1号になる見通し。新研究所で治療の効果と安全性を一段と高めることを狙う。

新しい拠点は「南東北創薬・サイクロトロン研究センター」で3日に本格稼働した。地上2階地下1階、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報