/

この記事は会員限定です

「リーガルテック」 契約書をAI点検

紙中心の日本 導入に遅れ

[有料会員限定]

テクノロジーで法務の世界を変えようという動きが活発になってきた。人工知能(AI)で契約書を点検するといった「リーガルテック」が登場し、企業や法律事務所では定型の作業を機械に任せ、ヒトはより高度な業務に向かおうとしている。ただ法務インフラのデジタル化が遅れる日本は英語圏と比べると周回遅れの状況で、世界の潮流に乗り遅れかねない。

「秘密情報の目的外使用を禁止する必要はありませんか?」

スタートアップの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン