つながる家電、異業種が連携 経産省事業に参加 シャープ・KDDI・セコムなど、自宅見守り

2019/6/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

テレビ、エアコンなどが無線で結ばれる「つながる家電」の普及に向け、経済産業省が異業種連携を促す事業に企業連合が参加する。シャープはKDDI、セコム、オムロンヘルスケアなどと組み、見守りサービスを始める。空調機器や調理器具の利用状況を無線で集約し、生活者の動きを把握する。セコムによる高齢者の見守りサービスも利用できる。

経済産業省が3日に発表する。大阪ガスは西部ガスやアイシン精機などと組む。給湯器…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]