/

この記事は会員限定です

やり投げの若生、日本記録で初V パラ陸上選手権男子

[有料会員限定]

日本パラ陸上選手権が1日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕し、男子やり投げ(視覚障害F12)で日本大4年の若生裕太が自らの日本記録を塗り替える54メートル25を記録して初優勝した。

リズムに乗った助走から勢いある放物線を描いた2回目の投てき。5月11日の中国・北京グランプリで自身が打ち立てたばかりの日本記録を2メートル05も上回った。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン