6日、規制改革会議が答申
「限定正社員」法整備促す

2019/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)は6日、安倍晋三首相に答申を提出する。勤務地や職務内容を限定した「ジョブ型正社員」の法整備など雇用分野では一歩前進するものの、夏の参院選を前に業界団体の反発を受けやすい「岩盤規制」への踏み込みは避ける。小粒な提言はアベノミクスの柱の成長戦略に影を落としかねない。

雇用分野の柱はジョブ型正社員の普及に向けた法整備だ。労使で合意した職務範…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]