/

この記事は会員限定です

確定拠出型、より保守的

[有料会員限定]

企業が年金運用に伴う負担を減らすため、確定給付年金(DB)から確定拠出年金(DC)に移行する動きも続いている。DCは加入者が運用資産の配分を決め、運用次第で受け取る年金の額が変わる。資産の内訳を見ると現時点では預貯金が最も多く、DBよりもリスク回避志向が強い。

企業年金の運営を受託している信託銀行などが加盟する運営管理機関連絡協議会の調べでは、2018年3月末時点でDCで運用する資産は預貯金と保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン