グローリー、自動釣り銭機 欧米市場開拓 キャッシュレス先進地 省人化に的

2019/6/1付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「チャリチャリチャリ」。小売店の店員が客から受け取った紙幣をレジ下の挿入口に入札すると、自動で釣り銭が払い出される。こんな光景をよく見かけるだろう。グローリーはこうした貨幣処理機の世界大手だ。キャッシュレス化による成長鈍化懸念がつきまとう中、グローリーが活路として挑むのは実はキャッシュレス化で日本より先を行く欧米市場の開拓だ。

「海外の小売店向けが新たな成長エンジン」。5月13日に開いた決算説明…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]