/

この記事は会員限定です

エルピクセル、アステラスと細胞培養技術を開発

[有料会員限定]

医療用の人工知能(AI)技術を持つエルピクセル(東京・千代田)はアステラス製薬と共同で、細胞培養を効率化する技術を開発する。エルピクセルが持つ画像解析技術とAI技術を使うことで、治療に適した細胞が培養できているかを判断するものだ。再生医療の研究や臨床向けの細胞医薬品の開発を後押しする狙い。

エルピクセルは東京大学発のスタートアップ企業。2015年からアステラスの一部のプロジェクトに共同で取り組んでおり、このたび...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン