/

この記事は会員限定です

宮沢賢治「虔十公園林」 岩手・花巻市

全くたれがかしこくたれが賢くないかはわかりません。

[有料会員限定]

賢治の童話の中で一番好きなのが、この短い作品だ。虔(けん)十(じゅう)少年の無垢(むく)で美しい心が読むたびに胸に沁(し)みる。

虔十は杜(もり)や畑の間を笑いながら歩いた。雨の日の青い籔(やぶ)や大空を飛ぶ鷹(たか)を見ると、手をたたいて高く笑う。それを近所の子どもたちがばかにするから大きく口を開けてハアハア息を吐いて笑いをごまかす。

ある日、虔十は「お母(かあ)、おらさ杉苗七百本、買って呉(け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン