/

この記事は会員限定です

再生医療、基礎研究から治験まで一貫

日本臓器製薬・東海大、腰痛で 事業化へ連携多様に

[有料会員限定]

中堅製薬の日本臓器製薬(大阪市)が再生医療への参入に向け、東海大学と連携する。同社の新しい子会社に東海大の研究員が入るなどして互いのノウハウを共有。基礎研究から臨床試験(治験)まで一貫して手掛ける。再生医療の産学連携では京都大学や大阪大学などが有名だったが、有望なシーズを求めて組む相手を幅広く探す事例となりそうだ。

完全子会社のテューンズファーマ(大阪市)を設立。椎間板に関する再生医療研究で国際的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン