/

この記事は会員限定です

コト消費も海外進出 極楽湯・ラウンドワン…アジアなどへ

訪日客需要、母国で再現

[有料会員限定]

訪日観光客の「帰国後消費」を取り込む動きがサービス分野にも広がってきた。温泉や娯楽、飲食など来日時の体験を母国でも楽しみたいという需要を見込み、中国や東南アジアに進出する企業が相次ぐ。4兆円を超えるインバウンド(訪日外国人)消費の恩恵を海外に広げる試みだが、現地進出は困難も伴う。口コミを誘うSNS(交流サイト)の活用や運営ノウハウの深化がカギを握る。

日本政府観光局(JNTO)によると2018年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン