/

この記事は会員限定です

G20、仮想通貨で登録制合意へ 資金洗浄対策

[有料会員限定]

日米欧や新興国など20カ国・地域(G20)が仮想通貨のマネーロンダリング(資金洗浄)対策で足並みをそろえる。仮想通貨交換業者に登録制を導入するなど金融当局の監視強化で合意する見通しだ。仮想通貨は個人間で国際送金できる利便性が強みだが、各国で規制や取引ルールに温度差がある。不正送金の抜け穴をなくすため協調する。

G20は6月8~9日に福岡市で財務相・中央銀行総裁会議を開き、仮想通貨を巡る課題を議論す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン