分譲マンションに割高感
首都圏 平均7344万円、賃料25年分

2019/5/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

首都圏で分譲された新築のマンション価格の割高感が強まっている。東京カンテイ(東京・品川)によると、2018年はマンションの平均価格が前年比1割上昇し過去最高を更新。株価収益率(PER)をもとにした、価格が賃料の何年分に当たるかを表す数値「マンションPER」が18年は24.98となり、調査対象の00年以降で最も高く、住宅が手に届きにくくなっている。

「ミニバブルともいえる08年の高騰期の水準を超え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]