若手人材の確保課題 卒業後に関東流出多く

2019/5/30付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

関西のスタートアップに投資マネーが流れ込む一方、人材の確保が次の課題となる。大学が集積する関西は優秀な人材を多く出しているが、卒業後は大企業や有力スタートアップが集まる関東に就職する傾向が強い。

大阪大学ベンチャーキャピタルの水原善史投資戦略担当部長は「優秀な人材を求めて東京に本社を移すスタートアップが目立つ」と指摘する。スタートアップが成長し、新規株式公開(IPO)までたどり着くにはエンジニア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]