/

この記事は会員限定です

ネット+店舗で顧客深掘り

アマゾン、小売り網活用 情報収集 米で先行

[有料会員限定]

アマゾンジャパン(東京・目黒)と食品大手スーパーのライフコーポレーションが協業のモデルにしたのは米アマゾン・ドット・コムの高級スーパーの店舗網を活用した配送サービスだ。米国ではネットとリアルの両面から購買情報を収集し消費者を囲い込む動きがさらに加速している。(

1面参照

米アマゾンは17年8月に高級スーパー、米ホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収。ホールフーズの店舗で販売している生鮮食料品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン